特集コロナ倒産を回避せよ!

金融機関はコロナショック下の中小企業を救えるか

喫緊の課題は資金繰り支援、長期的には資本性の資金の活用も
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

コロナショックにより、日本経済の屋台骨である中小企業の経営が揺らいでいる。政府の補助金・助成金が行き届かない中で、その支援を要請されているのが金融機関だ。日本公庫や商工中金は本店の人員やOBまで現場に動員し、民間も信用保証などを活用しながら資金繰り支援に取り組んでいる。ただ、過剰債務への不安を持つ事業者も多く、長期的な目線では資本性の資金を活用した支援の在り方についても検討が進みつつある。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●サーバーメンテナンスのお知らせ
    以下の予定でサーバーメンテナンスを行います。メンテナンス作業中においては、ホームページの閲覧等のサービスを一時休止しご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
    <サーバーメンテナンス予定日時>
    6月17日(水)22時00分~6月18日(木)7時00分
     ※時間は24時間表記です。
     ※作業の状況によりましては、終了時間が前後する場合がございます。

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●サーバーメンテナンスのお知らせ
    以下の予定でサーバーメンテナンスを行います。メンテナンス作業中においては、ホームページの閲覧等のサービスを一時休止しご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
    <サーバーメンテナンス予定日時>
    6月17日(水)22時00分~6月18日(木)7時00分
     ※時間は24時間表記です。
     ※作業の状況によりましては、終了時間が前後する場合がございます。

アクセスランキング