特集金融機関の“あるべき”脱炭素化支援

融資先企業の脱炭素化へ、銀行が本腰を入れて支援

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

2050年までに温室効果ガス(GHG)排出量を実質ゼロにする「ネットゼロ」の実現に向けて、金融機関が融資先企業を支援する動きが広がっている。融資先企業が脱炭素化を実現することで、金融機関も自らの投融資ポートフォリオをネットゼロにすることができるが、資金力に乏しい中小企業は脱炭素化に取り組むことが難しく、現在の技術ではネットゼロを描けない産業セクターも少なくない。こうした企業の脱炭素化を後押しするため、金融機関の多様な取り組みが動き出した。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】