特集生み出せ! 日本のスタートアップ

日本の将来を左右するスタートアップエコシステムの成否

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

5年10倍増――。この数字は、「新しい資本主義」を掲げる岸田政権が経済政策の柱の一つに位置付けた「スタートアップ」への投資目標だ。政府はそのロードマップとなる「5カ年計画」を年末に策定し、世界から大きく後れを取ってきたスタートアップ振興の巻き返しを図る。だが、足元では各国における金融政策の引き締めなどを背景に、年明けからベンチャーキャピタル投資が減少に転じるなど、スタートアップの資金調達に逆風が吹いている。こうした状況の中で、日本はスタートアップを原動力とする成長の好循環を手繰り寄せることができるのか。経済を大きく変えるイノベーションを生み出し、将来の雇用を支える担い手にもなるスタートアップの創出に向けて、日本の「覚悟」と「施策」が問われている。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

    ●8月5日に更新された「8月9日号」は8月16日号との合併号のため、次回の更新日は「8月19日」となります。