特集生み出せ! 日本のスタートアップ

スタートアップ支援に不可欠な「スケールアップ」の観点

海外での事業展開や資金調達で日本の研究開発力を活用せよ

日本総合研究所 調査部 上席主任研究員 / 岩崎 薫里

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

スタートアップを巡る日本の問題は、絶対数が依然として少ないことに加えて、「スケールアップ」、すなわち大きく成長するスタートアップの数が圧倒的に少ないことである。スタートアップのスケールアップは、将来の大企業の創出に向けた一つのプロセスであるだけでなく、経済・社会の活性化や課題解決に貢献するという意味でも重要であり、日本におけるスタートアップ支援の取り組みにおいて不可欠な観点となる。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

いわさき かおり
87年早稲田大学政治経済学部卒、住友銀行(現三井住友銀行)入行、92年から日本総合研究所。専門は内外のスタートアップ動向、デジタル化の潮流、イノベーション政策。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

    ●8月5日に更新された「8月9日号」は8月16日号との合併号のため、次回の更新日は「8月19日」となります。