解説

低金利・ネット時代に求められる金融機関の住宅ローン戦略

変動金利の低金利環境は、日銀新総裁就任後も続く

MFS 取締役COO / 塩澤 崇

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

現在、米国の利上げを受けて住宅ローンの固定金利が上昇しており、変動金利との金利差が一段と拡大している。変動金利の低金利は当面続くと見込まれ、変動金利は低位安定、固定金利は高止まりとなろう。従って、ユーザーの間では、変動金利に対するニーズがより強まることが想定される。住宅ローンのウェブシフトが加速度的に進むなか、住宅ローン戦略も変化していく。金融機関はウェブ申し込みに対応した変動金利商品の開発・差別化と、ウェブマーケティング力の向上が不可欠となろう。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

しおざわ たかし
06年東京大学大学院を修了後、モルガン・スタンレー証券にて住宅ローン証券化に従事。09年ボストン・コンサルティング・グループで金融機関向けコンサルティング等を経験。15年より現職。住宅ローン比較サービス「モゲチェック」の金融機関提携やマーケティングを管掌し、住宅ローンプラットフォームを構築中。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

    ●8月5日に更新された「8月9日号」は8月16日号との合併号のため、次回の更新日は「8月19日」となります。