談論風発

営業エリア拡大で「組合員の声」に応える

塩沢信用組合 理事長 / 小野澤 一成

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

現在、新潟県内では地域金融機関の再編の動きが目立っているが、当組合は合併を伴わずに営業エリアを広げていく。併せて、当組合の名称も「ゆきぐに信用組合」に変更する。すでに6月21日の総代会で、営業地区の拡大と名称変更に関して承認を受けた。営業エリアの拡大は収益増強が狙いではない。われわれを募ってくれる組合員へのサービスを、より充実させることが目的だ。当組合は、地元住民が助け合いながら生活する「雪国文化」を愛している。名称も新たにして、地元から雪国文化の価値を発信していきたい。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

おのざわ かずなり
55年生まれ。新潟県出身。75年中央工学校卒、六日町農地事務所入社。77年塩沢信用組合入組。97年総務部長、03年常勤理事、05年専務理事、08年から現職。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

    ●8月5日に更新された「8月9日号」は8月16日号との合併号のため、次回の更新日は「8月19日」となります。