新聞の盲点

野村・山陰合銀が提携で成果、問われる地銀証券子会社の今後

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

大手証券会社と地方銀行が包括業務提携を結ぶ動きが目立ってきた。2019年12月にいち早く野村証券との包括提携に踏み切った山陰合同銀行では、コスト削減や手数料収益の増加など早くも提携の成果が見られる。こうした動きを横目に同様の提携に動く地銀の増加が予想され、なかでも注目されるのが証券子会社を持つ地銀の動向だ。力を入れてきた仕組み債の販売が逆風にさらされており、事業戦略の見直しは急務。こうした地銀が包括提携にかじを切ることも想定される。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

    ●8月5日に更新された「8月9日号」は8月16日号との合併号のため、次回の更新日は「8月19日」となります。