解説

「大きな政府」を志向する政府の緊急経済対策を深読みする

参院選後の「第2弾」は新しい資本主義の試金石に

第一生命経済研究所 主任エコノミスト / 星野 卓也

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

政府はウクライナ情勢の緊迫化や資源価格の上昇を受け、今年度の経済対策第1弾を決定した。ガソリンをはじめとした燃料油の価格上昇抑制策を延長・拡充するほか、低所得の子育て世帯への給付金を支給する。参議院選挙後の第2弾経済対策では、脱炭素への政府投資計画などが盛り込まれる見込みだ。岸田文雄政権の新しい資本主義は、世界でも進む「大きな政府」の潮流に歩調を合わせるものになる。その成否は、財政支出が民間投資の呼び水となるかどうかにかかっている。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

ほしの たくや
11年一橋大学経済学部卒。21年3月一橋大学大学院経営管理研究科・金融戦略経営財務専攻卒(MBA)。日本経済の分析・予測を専門とし、財政・社会保障・労働など制度知識を背景にした経済構造分析、政策提言などを行う。跡見学園女子大学非常勤講師、景気循環学会幹事を務める。社会保険労務士、国際公認投資アナリスト(CIIA)。著書に「コロナ禍と世界経済」(金融財政事情研究会、共著)。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

    ●8月5日に更新された「8月9日号」は8月16日号との合併号のため、次回の更新日は「8月19日」となります。