特集秩序を変える「組み込み型金融」

銀行APIで実現する新たな顧客体験創造

事業者ブランドの世界観を壊さず、黒子の銀行として支援

GMOあおぞらネット銀行 執行役員 / 小野沢 宏晋

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

「Banking is necessary, but banks are not.(銀行の機能は必要だが、銀行は必要ではない)」──。1990年代、マイクロソフトの共同創業者ビル・ゲイツが発したとされるこの言葉が現実のものになってきた。2010年代に入り、英国のオープンバンキングや国内銀行法改正を契機に、銀行サービスの提供方法は大きく変化している。Banking as a Service(BaaS)や組み込み型金融(エンベデッドファイナンス)などと表現される概念、もしくは手法である。いずれの概念もキーとなるのは「銀行API」と呼ばれるインターフェースだ。本稿では、銀行APIによって世の中がどのように変わってきたのか、自らの経験からその価値、役割、考えられる将来像について考察する。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

おのざわ ひろくに
89年武蔵工業大学(現東京都市大学)経営工学科卒、日本IBMにシステムエンジニアとして入社。07年米国IBM Corporationに派遣。13年日本IBM理事、17年バイスプレジデントとしてアウトソーシング事業における事業開発を担当。19年GMOあおぞらネット銀行に参画、経営企画を担当する執行役員に就任。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

    ●8月5日に更新された「8月9日号」は8月16日号との合併号のため、次回の更新日は「8月19日」となります。