特集分散型金融(DeFi)の正体

足元で広がるDeFiサービスの発展可能性

DeFiの活用には金融機関の積極的な関与が必要

PwC Japanグループ ブロックチェーンラボラトリー 所長 / 丸山 智浩

PwC Japanグループ ブロックチェーンラボラトリー マネージャー / 森 寿昭

PwC Japanグループ ブロックチェーンラボラトリー シニアアソシエイト / 中山 大輔

PwC Japanグループ ブロックチェーンラボラトリー シニアアソシエイト / 中村 敏

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

2020年半ば以降、分散型金融が世界的に急成長を遂げている。ただし、いまだ黎明期にあるため、社会的な普及に向けては新たなサービスの開発や、当局による規制・ガバナンス体制の構築といった対応が必要である。分散型金融を活用したDeFiと呼ばれる金融サービスは、「当局の許認可に基づき金融機関が金融サービスを提供する」という中央集権的な枠組みではなく、特定の金融機関に依存しないオープンソースプラットフォームによるサービスの可能性を示している。本稿では、DeFiを支えるブロックチェーンの技術的な特徴とその活用方法や、足元で広がる代表的なDeFiサービスを紹介する。また、これらを踏まえた金融サービスの今後の発展可能性や、それが私たちの生活に与える影響について考察する。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

まるやま ともひろ
大手非鉄金属メーカーおよび大手SI事業会社を経て現職。基盤エンジニア経験を生かし、ブロックチェーン分野にて20カ国250超のメンバーからなるGlobal Blockchain CoEの責任者の役割を担う。現職では、ブロックチェーンソリューションの開発をリード。

もり としあき
メガバンク、⼤⼿コンサルティング会社を経て現職。ブロックチェーンラボラトリーでは主にDeFi等の⾦融関連調査、メーカー向けSCF導⼊検討、NFT市場動向調査等を担当。

なかやま だいすけ
大手製造系SIerを経て現職。運輸業界でのAI適用計画支援、通信業界での購買業務へのAI適用支援を経て、現在ブロックチェーンラボラトリーでPwCインドと連携したMVP開発を担当。

なかむら さとし
大手SIer、大手⾦融機関、大手コンサルティング会社等を経て現職。ブロックチェーンラボラトリーでは、SCM、SCF、排出権取引、DeFi等を担当。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

    ●8月5日に更新された「8月9日号」は8月16日号との合併号のため、次回の更新日は「8月19日」となります。