解説

【Q&A】FATF「改訂版暗号資産ガイダンス」

ステーブルコインやNFT等デジタル資産の概念を整理

金融庁 総合政策局 総務課国際室 国際政策管理官 / 羽渕 貴秀

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

金融活動作業部会(FATF)は2021年10月、暗号資産に関する改訂ガイダンスを公表した。本ガイダンスは19年公表のガイダンスの改訂版で、トラベルルール、ステーブルコイン、P2P取引(仲介業者を通さない個人間取引)、DeFi(分散型金融)、NFT(非代替性トークン)などについてのFATFの見解を示している。本稿では、改訂作業を担当したFATFコンタクト・グループの共同議長および改訂プロジェクトの共同リードとして、FATFでの改訂作業やステークホルダーとの対話を主導してきた筆者の経験を踏まえ、FATFの考え方を解説する。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

はぶち たかひで
東京大学法学部卒。デューク大学MBA。日本銀行、金融庁市場課課長補佐等を経て、19年7月から現職。FATFコンタクト・グループ共同議長。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】