特集FATFが突き付ける日本の課題

多くの課題解消が求められる金融機関の継続的顧客管理

コストの割に成果が上がらない顧客情報の更新実務
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

膨大な顧客を抱える預金取扱金融機関にあって、マネー・ローンダリング/テロ資金供与対策における重要な取り組みの一つが「継続的顧客管理」だ。継続的顧客管理の要点は、すべての個人・法人顧客のリスク評価を継続的に実施して、一定以上のリスクがあると認識される口座の顧客情報を定期的に確認・更新するとともに、リスクの低減措置を図ること。金融庁は2024年3月末までに、継続的顧客管理を含む必要なマネロン対策を完了させるよう金融機関に求めている。継続的顧客管理はFATFの第4次対日相互審査でも改善が求められており、金融機関はあらためて高度化への取り組みが求められている。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】