新聞の盲点

理想と現実の差が埋まらない高齢顧客向け金融商品販売

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

日本証券業協会の「高齢顧客への勧誘による販売に係るガイドライン」が改正され、8月から施行される。記憶力・理解力が十分な高齢顧客をガイドラインの対象外とし、リスク性金融商品の柔軟な販売を認める改正だ。一見すると高齢顧客への勧誘機会の拡大につながりそうだが、銀行などの販売会社においては必ずしも期待が高まっているわけではない。顧客の実状に応じて勧誘・販売方針を決めるという「理想」に対して、現場には保守的にならざるを得ない「現実」がある。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●次回更新のご案内
    7月23日更新の2021年7月27日号は合併号のため、7月30日の更新はありません。次回の更新は8月6日を予定しています。

    ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●次回更新のご案内
    7月23日更新の2021年7月27日号は合併号のため、7月30日の更新はありません。次回の更新は8月6日を予定しています。

    ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

アクセスランキング