特集出でよ! 日本の金融プラットフォーマー

DXを契機に進めるメガバンクの新プラットフォーム戦略

「負のレガシー」と化す前に既存インフラの再構築が必要

大和総研 金融調査部 主席研究員 / 内野 逸勢

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

国内金融業界のプラットフォーム改革が迫られているなか、メガバンクが銀行業界のDXをリードする動きが見られる。しかし、現状ではメガバンクが持つ既存インフラは重厚長大化している。金融イノベーションを創出し、自らがプラットフォーマーとなるための変革とスピードは十分なのか。メガバンクは既存のプラットフォームが「負のレガシー」となる前に、ゼロベースで再構築していく覚悟が試されている。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

うちの はやなり
90年大和総研入社後、証券アナリストとして金融・サービスを担当し、大蔵省財政金融研究所出向。その後、内外の金融関連コンサルティング業務に従事し、15年から現職。著書に『地銀の次世代ビジネスモデル』(大和総研編著、日経BP刊)など。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●4月30日にUPした5月4日号は5月11日号との合併号のため、次回の記事更新は5月14日(5月18日号)になります。

    ●サーバーメンテナンスのため、5月12日(水) 22時00分~5月13日(木) 7時00分のうち15分程度、閲覧ができない場合がございます。作業状況によっては、終了時間が前後する場合がございます。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

    ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●4月30日にUPした5月4日号は5月11日号との合併号のため、次回の記事更新は5月14日(5月18日号)になります。

    ●サーバーメンテナンスのため、5月12日(水) 22時00分~5月13日(木) 7時00分のうち15分程度、閲覧ができない場合がございます。作業状況によっては、終了時間が前後する場合がございます。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

    ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

アクセスランキング