特集高齢社会と金融サービス

金融機関が直面する高齢顧客対応の新展開

悩ましい代理取引や信託口口座への対応で「考え方」の整理が進む
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

高齢化の進展と共に、金融機関では認知能力が低下した顧客との取引が難しい問題になっている。ただ、代理取引や民事信託の活用について考え方が整理されてきたほか、リスク性商品の販売に当たっても、年齢によって画一的に「高齢者」とは判断しない方向へとかじが切られた。顧客接点を生かして非金融サービスの提供につなげる動きも広がりつつあり、金融機関による高齢顧客対応は新しいステージに進みつつある。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●4月30日にUPした5月4日号は5月11日号との合併号のため、次回の記事更新は5月14日(5月18日号)になります。

    ●サーバーメンテナンスのため、5月12日(水) 22時00分~5月13日(木) 7時00分のうち15分程度、閲覧ができない場合がございます。作業状況によっては、終了時間が前後する場合がございます。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

    ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●4月30日にUPした5月4日号は5月11日号との合併号のため、次回の記事更新は5月14日(5月18日号)になります。

    ●サーバーメンテナンスのため、5月12日(水) 22時00分~5月13日(木) 7時00分のうち15分程度、閲覧ができない場合がございます。作業状況によっては、終了時間が前後する場合がございます。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

    ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

アクセスランキング