新聞の盲点

日銀・金融庁の「Go To 再編キャンペーン」で山は動くか

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

日本銀行と金融庁が相次いで地域金融機関の再編促進策を導入する。日銀はOHRの改善や再編を要件として当座預金に年0.1%を付利する「特別当座預金制度」を整備し、金融庁は再編に伴うシステム統合費用を一部補填する「資金交付制度」の検討を進めている。いずれも「補助金」をインセンティブに再編を促す。コロナ禍で将来の経営環境が見通しにくいなか、いよいよ再編が加速するか──。政府・日銀の政策実効性に注目が集まる。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●4月30日にUPした5月4日号は5月11日号との合併号のため、次回の記事更新は5月14日(5月18日号)になります。

    ●サーバーメンテナンスのため、5月12日(水) 22時00分~5月13日(木) 7時00分のうち15分程度、閲覧ができない場合がございます。作業状況によっては、終了時間が前後する場合がございます。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

    ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●4月30日にUPした5月4日号は5月11日号との合併号のため、次回の記事更新は5月14日(5月18日号)になります。

    ●サーバーメンテナンスのため、5月12日(水) 22時00分~5月13日(木) 7時00分のうち15分程度、閲覧ができない場合がございます。作業状況によっては、終了時間が前後する場合がございます。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

    ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

アクセスランキング