解説

「アナリティクス」の活用でマネロン対策の高度化を

「経験ベース」の顧客リスク格付けの定期的な見直しに有効

デロイト トーマツ グループ パートナー / 染谷 豊浩

デロイト トーマツ グループ パートナー / 白井 真人

デロイト トーマツ グループ シニアマネージャー / 佐藤 雄一

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

昨年実施されたFATF相互審査の準備を通じ、国内金融機関のマネロン・テロ資金供与対策(AML/CFT)には多くの進展が見られた。取引モニタリングシステムや顧客リスク格付けモデルの導入も、多くの金融機関において進められている。しかし、これらは初期導入こそできたものの、ロジック、検知の閾値のチューニング等による高度化が必要な段階にある。そうした取り組みを合理的な根拠に基づいて実施するため、「アナリティクス」を活用することが考えられる。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

そめたに とよひろ
25年以上にわたり統計分析や機械学習、AI導入等の多数のデータ活用プロジェクトを実施。不正検知、リスク管理、与信管理、債権回収、内部統制・内部監査などの幅広い分野でのアナリティクスをリードしている。

しらい まひと
大手銀行、監査法人等を経て現職。金融機関の規制対応、AML/CFT対応に関する助言を専門としている。著書に『マネー・ローンダリング 反社会的勢力対策ガイドブック』(第一法規、18年8月。共著)など。

さとう ゆういち
大手SIerおよび外資系コンサルティング会社を経て現職。業務オペレーション改革やIT戦略立案に強みがあり、近年ではAML/CFT領域のブロックチェーンやアナリティクス活用に注力している。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●4月30日にUPした5月4日号は5月11日号との合併号のため、次回の記事更新は5月14日(5月18日号)になります。

    ●サーバーメンテナンスのため、5月12日(水) 22時00分~5月13日(木) 7時00分のうち15分程度、閲覧ができない場合がございます。作業状況によっては、終了時間が前後する場合がございます。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

    ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●4月30日にUPした5月4日号は5月11日号との合併号のため、次回の記事更新は5月14日(5月18日号)になります。

    ●サーバーメンテナンスのため、5月12日(水) 22時00分~5月13日(木) 7時00分のうち15分程度、閲覧ができない場合がございます。作業状況によっては、終了時間が前後する場合がございます。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

    ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

アクセスランキング