特集日本の金融・財政・社会の道標

金融の枠を超えていくこれからの地銀経営

すべては地域経済が活性化するために

山口フィナンシャルグループ 会長 グループCEO / 吉村 猛

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

2019年度からスタートした現行の中期経営計画で、われわれは当グループの目指す姿を「リージョナル・バリューアップ・カンパニー」(地域価値創造会社)と位置付けた。これは従来の地銀という枠にとどまらず、「地域活性化」を主体とするグループに変わっていくことの表明である。地域の持続的な発展がない限り、地域金融業は成り立たない。当グループは、これまでも多様なアプローチで地方創生・地域の価値向上に努めてきたが、その取り組みのスピードを加速させていく。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

よしむら たけし
83年東京大学経済学部卒、山口銀行入行。06年山口FG総合企画部長、09年山口FG取締役兼山口銀行取締役、11年山口銀行常務徳山支店長、12年同東京本部長を経て、16年山口FG社長兼山口銀行頭取。18年から山口FG社長兼山口銀行会長。20年6月から現職。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • 【ご連絡】10月19日号は、10月26日号との合併号のため、次回の記事更新は10月30日(11月2日号)になります。
    【重要】PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ