特集資本支援の新たな胎動

検査マニュアル廃止と規制緩和で動き出す中小企業への資本支援

中小企業の債務超過問題と金融機関による資本支援のポイント

金融庁 監督局 地域金融企画室長 / 日下 智晴

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

筆者は地銀に長らく勤務しながら、地域金融機関こそが企業の資本支援の担い手にふさわしいと考えてきた。そして今、多くの金融関係者が中小企業への資本支援の必要性に気付き、新たな胎動が見られることは大変喜ばしい。また、間接金融の下で定着していた中小企業金融の慣行も、金融検査マニュアル廃止や近年の規制緩和で大きく変わる予感もある。本稿では、金融機関による中小企業への資本支援において問題となるポイントを列挙し、今後の実務への足掛かりとしたい。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

くさか ともはる
神戸大学経営学部卒。広島銀行に31年間勤務のあと、15年11月金融庁入庁、地域金融企画室長。18年7月地域金融生産性向上支援室長兼務、19年7月地域課題解決支援室長兼務。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • 【ご連絡】10月19日号は、10月26日号との合併号のため、次回の記事更新は10月30日(11月2日号)になります。
    【重要】PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ