新聞の盲点

敵失でも現実路線に舵を切る日本の国際金融都市構想

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

政情不安が高まる香港。アジアの国際金融都市に異変が起きたことで、これまで香港に置かれてきた海外金融機関の拠点や金融人材を日本に呼び込む動きが活発化している。ただ、「香港の優位性は揺るがない」との見方は強く、日本がどこまで金融人材などを手繰り寄せられるかは不透明だ。そうしたなか、金融庁は今事務年度の金融行政方針で、国際金融都市構想に「多極連携型」という考え方を打ち出した。20年来にわたる構想の実現に向けた糸口になるかもしれない。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • 【重要】PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ
    昨今の金融機関の口座振替サービスを使った不正出金問題を受け、本サイトの決済手段であるPayPalは9月16日以降、ゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座からの支払いおよび新規口座振替設定を一時的に停止しております(詳しくはこちら)。当該2銀行を振替口座として設定されているお客さまには、ご不便をおかけいたしますが、PayPalにクレジットカードを登録するなど別の手段をご利用いただきますよう、お願い申し上げます。

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • 【重要】PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ
    昨今の金融機関の口座振替サービスを使った不正出金問題を受け、本サイトの決済手段であるPayPalは9月16日以降、ゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座からの支払いおよび新規口座振替設定を一時的に停止しております(詳しくはこちら)。当該2銀行を振替口座として設定されているお客さまには、ご不便をおかけいたしますが、PayPalにクレジットカードを登録するなど別の手段をご利用いただきますよう、お願い申し上げます。

アクセスランキング