特集金融犯罪・マネロンを防げ

日進月歩の勢いで巧妙化する金融オンライン犯罪

不正検知プラットフォームで犯罪集団のログイン、マネロンを阻止

カウリス 代表 / 島津 敦好

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

近年、フィッシングサイトでID・パスワードを詐取し、銀行口座から預金を盗み出すといった手口が急増している。また、闇サイトなどを通じて口座売買が安易に行われているほか、ツイッターなどを通じた口座の不正開設が増加しており、こうした不正口座を用いたマネー・ローンダリングが広がっている。犯罪集団はセキュリティー対策が弱い金融機関を集中的に狙う。独自で対策を講じることに限界がある金融機関は、外部のセキュリティーベンダーと連携する必要があるだろう。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

しまづ あつよし
京都大学卒業後、ドリコム入社。その後、オンライン英会話学習のロゼッタストーン・ジャパンを経て、Capy社で不正ログイン対策のソリューション提案に従事。15年にカウリスを創業。法人向けクラウド型不正検知サービス「フロードアラート」を開発・販売。フィッシング対策協議会運営委員。eメール:info@caulis.jp

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • 【重要】PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ
    昨今の金融機関の口座振替サービスを使った不正出金問題を受け、本サイトの決済手段であるPayPalは9月16日以降、ゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座からの支払いおよび新規口座振替設定を一時的に停止しております(詳しくはこちら)。当該2銀行を振替口座として設定されているお客さまには、ご不便をおかけいたしますが、PayPalにクレジットカードを登録するなど別の手段をご利用いただきますよう、お願い申し上げます。

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • 【重要】PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ
    昨今の金融機関の口座振替サービスを使った不正出金問題を受け、本サイトの決済手段であるPayPalは9月16日以降、ゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座からの支払いおよび新規口座振替設定を一時的に停止しております(詳しくはこちら)。当該2銀行を振替口座として設定されているお客さまには、ご不便をおかけいたしますが、PayPalにクレジットカードを登録するなど別の手段をご利用いただきますよう、お願い申し上げます。

アクセスランキング