解説

金融市場分断の回避に向けた国際的な規制・監督上の協力の強化

各国規制に潜む「意図せざる齟齬」の解消に向けた取り組み

財務省 東海財務局長(前金融庁 証券取引等監視委員会事務局次長 兼 国際証券監理官) / 水口 純

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

近年、ブレグジットや主要国間の貿易紛争など、世界市場の分断化の動きが見られるほか、金融規制面でも、リーマンショックの教訓を踏まえた国際共通ルールが合意される一方、デファクト・スタンダードを巡る角逐(かくちく)など「市場の分断」の傾向が生じつつある。金融庁は、市場の効率性を損なうようなかたちで各国の規制・監督が齟齬を来し、市場の分断を生む傾向には歯止めを掛けるべきと考えている。本稿では、筆者が携わってきたIOSCOでの取り組みを中心に、市場の分断への国際的な対応策や、金融庁の貢献について紹介したい。なお、文中意見にわたるところは必ずしも金融庁の見解ではなく、筆者の個人的な見解である。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

みずぐち じゅん
87年東京大学法学部卒、大蔵省入省。91年ハーバード大学ケネディスクール修了(公共政策学修士)。財務省国際局調査課長、金融庁総務企画局参事官、同庁総合政策局審議官などを経て、19年7月同庁証券取引等監視委員会事務局次長兼国際証券監理官。20年7月から現職。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • 【復旧のご連絡】11/2~11/5午前にかけて、月額会員の登録・購入にもかかわらず、記事閲覧ができない不具合が生じておりましたが、11/5正午ごろに復旧いたしました。月額会員として登録いただいたIDとパスワードにてログインし、記事閲覧していただければ幸いです。お客様にはシステムの不具合についてご心配とご迷惑をおかけし、あらためて深くお詫び申し上げます。
    【重要】PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • 【復旧のご連絡】11/2~11/5午前にかけて、月額会員の登録・購入にもかかわらず、記事閲覧ができない不具合が生じておりましたが、11/5正午ごろに復旧いたしました。月額会員として登録いただいたIDとパスワードにてログインし、記事閲覧していただければ幸いです。お客様にはシステムの不具合についてご心配とご迷惑をおかけし、あらためて深くお詫び申し上げます。
    【重要】PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

アクセスランキング