解説

GDPと信用コストに与えるコロナ危機の影響度

経済政策が機能しなければ、信用コストが予想水準を大きく上回る恐れ

ルートエフ 代表 / 大庫 直樹

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

新型コロナウイルスの感染は日本経済に甚大な影響を及ぼしており、GDPも大幅な低下が見込まれている。GDPは企業倒産と連動し、銀行経営を切り盛りする上でも大切な指標だ。ただ、コロナショックにおいては、GDPの低下以上に大きな影響を銀行経営にもたらす可能性がある。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

おおご なおき
85年東京大学理学部数学科卒、マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。99年パートナーに選出され、東京オフィスのリテール・バンキングのリーダー。05年GEコンシューマー・ファイナンス執行役員、事業開発(M&A)の責任者に。08年に独立してルートエフを設立。