特集収益構造改革の処方箋

日本の金融機関に求められる収益管理の抜本的見直し

「個別採算型収益管理」や「店別経営」からの脱却を図れ

専修大学 商学部 准教授 / 谷守 正行

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

本稿では、日本の金融機関の現状の収益管理の課題と見直しの方向性を指摘する。具体的には、①リスクマネジメントへの進化に向けて「RAF+統合リスク管理」を実施すること、②コストの考え方は費用消費から「資産活用アプローチ」に転換すること、③一層の顧客本位の取組みを推進するため「顧客関係性に基づく総合的な収益管理」を実施すること──の3点が重要な取組みになる。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

たにもり まさゆき
84年九州大学卒、三井銀行総合企画部にて管理会計担当、03年より大手SIベンダー金融事業本部部長、06年りそな銀行でグループ経営管理担当。12年PwCあらた有限責任監査法人ディレクター、14年から現職。博士(経営学)、日本証券アナリスト協会検定会員。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】