新聞の盲点

間もなく世界を揺るがすLIBOR消滅問題

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

貸出や有価証券、デリバティブまで、あらゆる金融取引のベース金利になっている「LIBOR」。この世界共通の金利指標が2021年末に消滅する見通しになっている。当然、インパクトは絶大だ。各国は後継金利指標の開発に取り組むが、わずか3年弱で信頼できる指標に育つのか。21年末をまたぐ契約変更、後継金利指標をベースとしたシステム改修、市場リスク管理など、金融機関が数々の難題に直面するのは必至。市場のボラティリティーが高まることも危惧されている。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】