解説

仕組み債問題から考えるコンダクトリスク管理上の課題

「顧客本位の業務運営」の実践で真に求められるものは何か

金融庁 総合政策局 リスク分析総括課 コンダクト企画室長 / 信森 毅博

金融庁 総合政策局 リスク分析総括課 課長補佐 / 宮下 文明

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

主要行や地域銀行で仕組み債の販売停止や縮小の動きが広がっている。もっとも、仕組み債は「顧客本位の業務運営」に関する課題を浮き彫りにした一例に過ぎない。これを機に、リスク性金融商品の販売に関して「顧客本位」の精神に立ち返り、コンダクトリスク管理等を改めて考える必要がある。本稿では現時点で判明しているコンダクトリスク上の課題等を示しながら、「顧客本位の業務運営」の実践が真に求めている内容を再整理する。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】