解説

地域金融機関の融資業務にクラウド変革の潮流

一気通貫の銀行業務を実現するクラウド型統合融資プラットフォーム

nCino(エヌシーノ) 社長 / 野村 逸紀

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

金融機関は、少子高齢化や低金利に加え、新型コロナという新たな社会課題や行員と顧客の行動変容により、従来以上に急激な変革を迫られている。金融機関の役割は重要性を増し、これまで以上に業務の効率性や正確性が求められると同時に、より収益に貢献する事業や顧客との対話の時間を創出する必要がある。本稿では、銀行の法人融資の現場における喫緊の課題と、解決の選択肢となり得る業務システムクラウド化の潮流、海外のトレンドや成功事例から、今後日本の金融機関が歩む変革の道筋を解説する。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

のむら いつき
富士通、デル・テクノロジーズ(旧EMC)にて公共および流通マーケットの営業責任者を務める。20年11月から現職。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】