新聞の盲点

高難度の米国リテール市場に挑むSMFGのデジタルバンク

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)は8月24日、米国で個人顧客向けのデジタルバンク事業に参入すると発表した。店舗を持たないことで高い経費効率を実現し、貸出ビジネスで収益を上げていく計画だ。だが、米国市場や既存のプレーヤーの動向を見ると、その行方は楽観できない。高成長を続ける米国のリテール市場が魅力的なマーケットであることは事実であり、成否を占う上では、長い目でその成長を取り込んでいけるかが重要な視点になる。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】