解説

「重要情報シート」の活用に向けたこれまでの取り組み

「分かりやすい情報提供の在り方」の模索は今後も続く

三井住友DSアセットマネジメント 営業企画部 シニアマネージャー / 櫻井 秀樹

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

2020年8月公表の金融審議会市場ワーキンググループ(WG)報告書が重要情報シートの活用を提案してから丸2年が経過した。本稿では、重要情報シートに関する販売会社・運用会社のこれまでの取り組みを振り返りつつ、当社の対応状況を紹介したい。また、その後のWGでの議論も踏まえ、顧客本位の業務運営に向けた「分かりやすい情報提供の在り方」の今後について考察する。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

さくらい ひでき
91年4月野村総合研究所入社。97年4月野村証券金融研究所、04年5月エンジェルジャパン・アセットマネジメント、13年2月金融庁総務企画局市場課、15年3月三井住友アセットマネジメント(現三井住友DSアセットマネジメント)、19年4月から現職。01年5月Owen GSM at Vanderbilt University卒業(米国MBA)。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

    ●8月5日に更新された「8月9日号」は8月16日号との合併号のため、次回の更新日は「8月19日」となります。