新聞の盲点

過去10年の取り組みも実らず、社債市場活性化は「道半ば」

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

過去、幾度となく金融界のテーマになってきた「社債市場の活性化」。この10年を見ても数々の施策が打ち出されてきたが、その取り組みは「道半ば」と評価されている。コベナンツなどの市場慣行や投資家不在が課題として指摘される一方、大規模な金融緩和が問題の実態を見えにくくしているのも間違いない。金融緩和によって「社債市場の機能が喪失」しているため、活性化に向けた新たな施策も打ちづらい。古くて新しい課題である社債市場の活性化はいつ実現するのか。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】