特集聖域なき「地銀再編」

SBI「地銀連合構想」で見えてきた光と影

島根銀行は業績がV字回復、SBIの利益誘導に批判の声も
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

地銀再編の「台風の目」として注目されるSBIホールディングス(HD)の地銀連合構想。2019年9月の島根銀行との資本提携を皮切りに、福島銀行、筑邦銀行、清水銀行、東和銀行とも資本提携を結び、着々と自陣を広げつつある。島根銀行では提携の効果が早速発現し、20年4~6月期のコア業務純益が4年ぶりに黒字化した。一方で、SBIHDへの有価証券運用の委託では「利益相反関係」が存在しているなど、一部で批判的な声も聞かれる。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • 【復旧のご連絡】11/2~11/5午前にかけて、月額会員の登録・購入にもかかわらず、記事閲覧ができない不具合が生じておりましたが、11/5正午ごろに復旧いたしました。月額会員として登録いただいたIDとパスワードにてログインし、記事閲覧していただければ幸いです。お客様にはシステムの不具合についてご心配とご迷惑をおかけし、あらためて深くお詫び申し上げます。
    【重要】PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • 【復旧のご連絡】11/2~11/5午前にかけて、月額会員の登録・購入にもかかわらず、記事閲覧ができない不具合が生じておりましたが、11/5正午ごろに復旧いたしました。月額会員として登録いただいたIDとパスワードにてログインし、記事閲覧していただければ幸いです。お客様にはシステムの不具合についてご心配とご迷惑をおかけし、あらためて深くお詫び申し上げます。
    【重要】PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

アクセスランキング