特集揺らぐIR誘致

波乱の連続となった日本型IRの現在地と燻る不安

まことしやかにささやかれる「1.5次募集」の可能性

国際カジノ研究所 所長 / 木曽 崇

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

カジノを含む複合観光施設であるIR(統合型リゾート)の申請期限が4月28日に締め切られた。全国で最大三つの認定枠に対して、大阪と長崎の2地域が申請を行い、IR誘致はいよいよ最終局面に入った。だが、両地域ともIRを誘致していく上でいくつかの課題も抱えている。日本は本当にIRを誘致することができるのか。筆者は、わが国のカジノ合法化とIR実現に向けて長らくコミットしてきた専門家である。本稿では、日本のIRの現在地および今後の展望について考察する。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

きそ たかし
ネバダ大学ラスベガス校ホテル経営学部卒(カジノ経営学専攻)。米国大手カジノ事業者にて内部監査業務を務めた後に帰国し、04年エンタテインメントビジネス総合研究所入社。国内外の各種カジノ関連プロジェクトに携わる。11年国際カジノ研究所を開設、所長に就任。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

    ●8月5日に更新された「8月9日号」は8月16日号との合併号のため、次回の更新日は「8月19日」となります。