解説KINZAIリポート

急伸する「法人カード」、経費管理ソフトとの一体型が牽引

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

企業の業務運営においてオンライン決済を必要とする場面が増えるなか、「法人カード」に参入するフィンテック企業が増えている。クレジットカード会社が発行してきた従来の法人カードと異なるのは、経費管理ソフトとの連携を前提としたサービスになっており、経理業務のデジタル化ツールにもなる点だ。プリペイド方式を用いることで、法人カードの審査が通りにくかったスタートアップや中小企業などが利用しやすいといった特徴もある。フィンテック企業のサービス展開によって、法人カードの市場拡大が見込まれる。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】