特集事務から営業へ、銀行で進む配置転換

横浜銀行が進める事務職からの配置転換

〈インタビュー〉事務担当者の意識改革を促す「リスキリング研修」

横浜銀行 人財部 部長 / 仁平 純一

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

当行では2015年に、いわゆる一般職を総合職に一本化した。これに伴い、従来一般職だった行員を営業などに配置転換するケースが増えている。現在も総合職の事務担当者は1,200人ほどいるが、店舗の定型業務の効率化が急速に進むなか、その数はいまよりも確実に少なくなる。当行では研修や公募制度を充実させることで、事務担当者の営業などへの配置転換を推し進めている。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

にへい じゅんいち
95年明治大学政治経済学部卒、横浜銀行入行、15年自由が丘支店長、18年元町支店長を経て、20年8月から現職。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

    ●8月5日に更新された「8月9日号」は8月16日号との合併号のため、次回の更新日は「8月19日」となります。