特集生保業界、変革のとき

縮む国内生保市場で放つ「次の一手」

〈インタビュー〉既存の生保商品を必要としない健康な人々のマーケットを開拓する

住友生命保険 社長 / 高田 幸徳

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

市場規模の縮小が進む国内生命保険。2015年度末時点で約858兆円あった国内生保の保有契約高は、19年度末には約829兆円と30兆円ほど減少した。若者の保険離れや未婚率の増加など、保険を必要としない人が増えていることが要因とみられ、今後10年弱で750兆円程度まで減少するとの指摘もある。ほかにも営業職員の離職率抑制やデジタル化への対応など、生保会社が対応すべき課題は山積している。今年4月に住友生命社長に就任した高田社長に、今後の営業戦略について聞いた(編集部)。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

たかだ ゆきのり
88年京都大学経済学部卒、住友生命保険相互会社入社。09年3月営業企画部次長兼営業企画室長、09年9月営業企画部担当部長兼営業企画室長、11年3月営業企画部長、13年7月企画部担当部長、13年11月企画部長、17年4月執行役員兼企画部長、18年4月上席執行役員、18年10月執行役常務を経て、21年4月から現職。7月に生命保険協会会長に就任予定。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●次回更新のご案内
    7月23日更新の2021年7月27日号は合併号のため、7月30日の更新はありません。次回の更新は8月6日を予定しています。

    ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●次回更新のご案内
    7月23日更新の2021年7月27日号は合併号のため、7月30日の更新はありません。次回の更新は8月6日を予定しています。

    ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

アクセスランキング