あらためて学ぶ金融政策・金融制度第1回

非伝統的金融政策の常態化

慶應義塾大学 経済学部 教授 / 白塚 重典

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

今ある金融政策や規制などの諸制度はどういった経緯で生まれ、その意義はどのようなものか。本連載は、近現代金融史から今に息づく金融政策・制度の成り立ちを探り、読者の知識を深める一助としたい。初回は、大規模資産買い入れに代表されるわが国の「非伝統的金融政策」から読み解く。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

しらつか しげのり
19年8月に日本銀行を退職し、同年9月から現職。金融論・日本経済論を専門とする。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】