新聞の盲点

日銀「政策点検」、焦点はETF買い抑制と銀行収益への配慮

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

日銀は3月の金融政策決定会合で金融政策の点検結果を公表する。黒田東彦総裁が政策枠組みの変更はないと言明しているため、市場関係者は「ETF買い入れ方針を柔軟化する」との見方を強めている。さらに、日銀は低金利環境が続くことによる銀行収益への影響を懸念していることから、マイナス金利の副作用を軽減するための追加措置が導入されるとの見方も浮上している。ただし、その方向性には疑問の声も上がるだけに、どのような点検結果になるのか注目される。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】