特集親子上場・支配株主の功罪

多様な観点から模索が続く親子上場の「あるべき姿」

支配株主の取り扱いも焦点になるコーポレートガバナンス改革
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

NTTとNTTドコモ、伊藤忠とファミリーマート、ソニーとソニーフィナンシャルホールディングスなど、加速する親子上場の解消。ガバナンス改革の議論の中で、利益相反の懸念が企業の競争力強化を妨げるとの認識が広がっている一方、親子上場のメリットを強調する考え方もある。ガバナンス・情報開示を担保する方策や、親子上場に限らない支配株主・従属上場会社の関係も含めて、あるべき姿を模索する議論が進んでいる。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • 【復旧のご連絡】11/2~11/5午前にかけて、月額会員の登録・購入にもかかわらず、記事閲覧ができない不具合が生じておりましたが、11/5正午ごろに復旧いたしました。月額会員として登録いただいたIDとパスワードにてログインし、記事閲覧していただければ幸いです。お客様にはシステムの不具合についてご心配とご迷惑をおかけし、あらためて深くお詫び申し上げます。
    【重要】PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • 【復旧のご連絡】11/2~11/5午前にかけて、月額会員の登録・購入にもかかわらず、記事閲覧ができない不具合が生じておりましたが、11/5正午ごろに復旧いたしました。月額会員として登録いただいたIDとパスワードにてログインし、記事閲覧していただければ幸いです。お客様にはシステムの不具合についてご心配とご迷惑をおかけし、あらためて深くお詫び申し上げます。
    【重要】PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

アクセスランキング