解説

誤解多き「事業法人ハイブリッド証券市場」の現状と課題

最適資本構成に資するべく、市場参加者はルールの正確な理解を

みずほ証券 チーフクレジットストラテジスト / 大橋 英敏

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

健全性規制の対象とならない事業法人によるハイブリッド証券市場が拡大している。しかし最近、初回コールにおいて発行体である事業法人と格付け会社間で意見・解釈の齟齬が生じた事案を契機に、市場関係者の動揺が見られた。そこで本稿では、その背景を解説するとともに、同市場の持続的かつ健全な発展に資するべく、市場参加者への提言を試みる。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

おおはし ひでとし
91年日本生命保険入社、00年モルガン・スタンレーMUFG証券にてクレジットストラテジスト業務を開始。投資助言会社経営を経て15年12月から現職。著書に『クレジット投資のすべて』など。