特集金融ニューノーマル

生保業界はオンライン完結を取り入れた新常態を描けるか

ポストコロナを見据えた大手生保の対面チャネル改革
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

新型コロナウイルスの感染拡大で「3密(密集、密接、密閉)の回避」が政府から呼び掛けられ、人との接触を避けるため多くのサービスで非対面が導入されるなど、社会の在り方がニューノーマル(新常態)へと移行している。こうした動きは、営業職員による対面での説明・契約が一般的だった生命保険会社の販売チャネルにも変化をもたらそうとしている。大手生保では新たな営業スタイルを確立するため、これまで主力だった営業職員チャネルを「デジタル化」する取り組みが始まった。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • 【復旧のご連絡】11/2~11/5午前にかけて、月額会員の登録・購入にもかかわらず、記事閲覧ができない不具合が生じておりましたが、11/5正午ごろに復旧いたしました。月額会員として登録いただいたIDとパスワードにてログインし、記事閲覧していただければ幸いです。お客様にはシステムの不具合についてご心配とご迷惑をおかけし、あらためて深くお詫び申し上げます。
    【重要】PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • 【復旧のご連絡】11/2~11/5午前にかけて、月額会員の登録・購入にもかかわらず、記事閲覧ができない不具合が生じておりましたが、11/5正午ごろに復旧いたしました。月額会員として登録いただいたIDとパスワードにてログインし、記事閲覧していただければ幸いです。お客様にはシステムの不具合についてご心配とご迷惑をおかけし、あらためて深くお詫び申し上げます。
    【重要】PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

アクセスランキング