新聞の盲点

コロナショック下の主要行決算、焦点は手探りの与信費用

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

主要銀行グループの2020年3月期決算は、海外子会社の「のれん」の減損で三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が多額の損失を計上したこともあり、三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)が初めて純利益で業界首位となった。次なる焦点は、新型コロナウイルス感染拡大の影響から多額の与信費用を計上することになる21年3月期の見通し。政府・中央銀行のサポートなどもあり、リーマンショック時ほど貸倒引当金を計上しない予想だが、果たして。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】