金融法務NOW第25回

債権法改正の概要(3)~消滅時効・中~

小沢・秋山法律事務所 弁護士 / 香月 裕爾

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

今回から2回にわたり、時効障害の改正点を解説する。時効障害とは、時効の完成の障害となる事由をいう。この時効障害の根拠としては、(i)債権者が権利行使の意思を明確にしたこと、(ii)債権の存在が確実であること――に求められる。 現行法では、「中断」と「停止」が時効障害として規定されている。「中断」では、進行を開始した時効期間がリセットされ、中断事由終了後、新たな時効が開始する。一方、「停止」は、文字どおり一定の事由があると時効の進行が一時的に停止する。 改正法は、「中断」を「更新」に、「停止」を「完成猶予」に置き換えた。前者については、現行法の「中断」の概念に適合する言葉が「更新」だからという理由であり、前記(ii)に対応するものである。後者の「完成猶予」は、債権の存在について確証が得られたわけではないが、とりあえず債権者が一定の行動をとったことによって、権利行使の意思を明確にした場合に認められる。前記(i)に対応するものである。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • 【重要】PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ
    昨今の金融機関の口座振替サービスを使った不正出金問題を受け、本サイトの決済手段であるPayPalは9月16日以降、ゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座からの支払いおよび新規口座振替設定を一時的に停止しております(詳しくはこちら)。当該2銀行を振替口座として設定されているお客さまには、ご不便をおかけいたしますが、PayPalにクレジットカードを登録するなど別の手段をご利用いただきますよう、お願い申し上げます。

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • 【重要】PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ
    昨今の金融機関の口座振替サービスを使った不正出金問題を受け、本サイトの決済手段であるPayPalは9月16日以降、ゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座からの支払いおよび新規口座振替設定を一時的に停止しております(詳しくはこちら)。当該2銀行を振替口座として設定されているお客さまには、ご不便をおかけいたしますが、PayPalにクレジットカードを登録するなど別の手段をご利用いただきますよう、お願い申し上げます。

アクセスランキング