解説

産官金一体で人手不足解決を目指す先駆的な愛媛県モデル

「愛媛県移住・地域雇用創出同時促進事業」の概要と今後の展望

野村総合研究所 未来創発センター 制度戦略研究室長 / 梅屋 真一郎

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

多くの企業は深刻な人手不足に直面しているが、愛媛県では、伊予銀行が県とともにコンソーシアムを設立し、地域の雇用拡大を目指して「移住・雇用促進プラットフォーム」を構築した。こうした取組みは、地域経済への貢献につながるとともに、金融機関の収益確保の糸口ともなりうるはずで、他の地域への波及も期待されている。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

うめや しんいちろう
東京大学工学部卒、同大学院工学系研究科履修。野村総合研究所では、長年、金融機関を顧客とし、金融制度変更による影響の調査・分析を行ってきた。13年から現職。マイナンバー等、各種制度に関して民間企業実務の観点から情報発信や官公庁等との共同検討を実施。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】