特集農協改革 中間検証

JA版コーポレートガバナンス・コードの導入を考える

農協経営の透明化を図ることでJAの自己改革を推進

中央大学大学院戦略経営研究科 教授 / 杉浦 宣彦

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

JAの自己改革が各地で進展しているが、その動きは世間にはなかなか伝わっていない。反面、株式会社ではコーポレートガバナンス・コードにより、経営の透明化が進んでいる。金融事業も行う総合事業者たるJAの経営の透明化は、JAグループの自己改革への評価のコアとなりうる。本稿ではそのための指針として、JA版コーポレートガバナンス・コードの私案を提示する。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

すぎうら のぶひこ
中央大学大学院法学研究科博士後期課程修了(法学博士)。香港上海銀行、金融庁総務企画局金融研究研修センター研究官、JPモルガン証券シニアリーガルアドバイザーを経て、現職。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】