特集サステナビリティー・ESGの現在地

資産運用立国の実現に向け、避けられないサステナ/ESG対応

トップの意識とボトムの理解を促す上で欠かせない人材育成
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

日本政府が掲げる「資産運用立国」を実現するためには、海外マネーを日本に呼び込むことが欠かせない。そうした中でキーワードとなるのが“サステナビリティー/ESG”への対応だ。これまでは欧州などの海外で事例が先行していたが、潜在的な市場規模の大きさも相まって、日本の今後の対応に海外投資家の注目が集まっている。だが、企業や国民の理解も決して高いとはいえず、取り組みを進める上での課題も浮かび上がる。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】