特集生み出せ! 日本のスタートアップ

スタートアップに優秀な人材を集め、つなぎ留めるための処方箋

自社株やストックオプションを付与する際に求められる適切な理解と運用

柴田・鈴木・中田法律事務所 パートナー弁護士 / 柴田 堅太郎

柴田・鈴木・中田法律事務所 アソシエイト弁護士 / 正木 達也

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

スタートアップが事業を成長させていくに当たっては、優秀な人材をどう集め、いかにつなぎ留めるかが極めて重要となる。そのための有用な手法として、役職員に対する自社株やストックオプションの付与がある。もっとも、役職員に付与し過ぎたことなどが原因となって、会社が成長した後でトラブルとなるケースも散見される。本稿では、報酬として自社株等を付与する際の注意点について解説する。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

しばた けんたろう
01年弁護士登録、07年ニューヨーク州弁護士登録。

まさき たつや
20年弁護士登録。

両弁護士とも、M&A取引およびスタートアップファイナンスを主な取り扱い分野とする。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】

  • ●PayPalの支払い手段としてゆうちょ銀行および三井住友銀行の口座振替をご登録のお客さまへ(口座振替設定の一時停止のお知らせ

    ●8月5日に更新された「8月9日号」は8月16日号との合併号のため、次回の更新日は「8月19日」となります。