解説

SNSから読み取る日本の「空気感指数」

株価指数の動向リサーチをはじめ、経済・金融領域での活用に期待

野村総合研究所 データサイエンスラボ シニアアソシエイト / 田村 光太郎

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

当社では、SNSのツイッターの日々の投稿内容データをもとに、日本社会の空気感を「活気」「混乱」「落ち込み」「怒り」「緊張」「疲れ」の六つの指標で計測している。ユーザーの書き込みによって日常がウェブに投影されることで、日本社会の事件やニュースへの反応をリアルタイムに横断的に評価することが可能となった。各指標は、日経平均株価との連動性を示しており、今後、さまざまな社会の説明変数となることが期待される。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

たむら こうたろう
東京工業大学科学技術創成研究院特任助教を経て、18年に野村総合研究所に入社。AI・機械学習の研究開発をはじめ、データサイエンティストとしてアナリティクス案件やオルタナティブ投資の評価手法におけるクオンツ分析に従事。電気通信大学DEFP客員准教授、成城大学データサイエンス教育研究センター外部アドバイザリ。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】