解説

経済制裁によってロシアが失う「貿易の利益」

資源貿易の重要性は大きく、現地生産への影響も

国際協力銀行 外国審査部 調査役 / 小野田 喬

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

各国の経済制裁によってロシアの貿易環境が悪化している。ロシア経済は貿易によって生じる利益を一部失うことになるだろう。本稿では学術研究をもとに、現在の各国経済における貿易の利益の規模と、それを考えるに当たって資源貿易に着目する重要性や、貿易環境の悪化が外国企業の現地生産に与える影響について考察し、ロシアが失う「貿易の利益」を分析する。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

おのだ たかし
米シカゴ大学博士(経済学)。11年東京大学経済学部卒、国際協力銀行入行。審査業務(鉱物資源関連担当)、東南アジアの新規発電事業向けプロジェクトファイナンス業務等を経て、21年から現職にてソブリン・リスク分析および調査業務に従事。専門は国際経済学および都市経済学。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】