新聞の盲点

SBI出資行で膨れ上がる評価損、問われる「救済」の意義

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

世界的な金利上昇を受けて、地銀が抱える有価証券の評価損(含み損)が看過できない状況になっている。なかでも目立つのが、SBIグループの出資行だ。外債型投信などの保有による利息配当金重視の運用方針に転換したことで、評価損が膨らんだ。SBIによる出資は「公的資金に頼らない救済策」として評価されてきたが、出資行の一つであるきらやか銀行は公的資金申請の検討を発表した。出資行で公的資金の注入が相次げば、SBIによる「救済」の意義も問われかねない。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】