解説これだけでわかる! 注目の経済ニュース

Web限定

FRBの利上げだけではインフレ高進を抑えられない

第一生命経済研究所 経済調査部 首席エコノミスト / 熊野 英生

投稿日2022.05.13. / 週刊金融財政事情

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • 印刷

世界的にインフレが高進する中で、各国の中央銀行が金融政策の引き締めに転じている。なかでも注目されるのが米連邦準備制度理事会(FRB)だ。しかし、ウクライナ侵攻の影響が多方面に作用しており、FRBが急いで政策金利を引き上げたとしても、インフレ圧力は思ったより沈静化しにくいかもしれない。本稿ではその背景について考えてみる。

本記事をお読みいただくには
会員登録と購入が必要です。
月額会員の方はログインすると、
続きをお読みいただけます。

まだ登録されていないお客様

パスワードを忘れた方はこちら

くまの ひでお
90年横浜国立大学経済学部卒、日本銀行入行。00年第一生命経済研究所入社。11年から現職。専門は金融政策、財政政策、為替・長短金利、経済統計。

アクセスランキング

【きんざいOnlineからのお知らせ】